MENU

薬用ピエリナでしっかりとニキビ跡やクレーター肌をケアしよう

ニキビができやすい人の共通の悩みは「ニキビ跡」「クレーター肌」ではないでしょうか。やっとニキビが治ったと思ったら、ニキビ跡ができていた…。これほど残念なことはありませんよね。そこで注目されているのが薬用ピエリナです。普段のニキビケアグッズの代わりとして利用するだけで、自然とニキビ跡やクレーター肌が目立たなくなってくると評判です。

 

どうしてニキビ跡やクレーター肌になる?

まずはそもそもどうしてニキビができてしまうと、ニキビ跡やクレーター肌ができてしまうのかについて考えてみましょう。

 

まずニキビ跡についてですが、こちらは主に「色素沈着」が問題になります。ニキビができている=肌が炎症を起こしている状態です。つまり、その間はずっと肌に刺激が加わり続けることになります。私たち人間は防衛本能のひとつとしてメラニンの生成を行っています。このメラニンが肌に残ってしまうと色素沈着としてシミやソバカスとして現れるわけです。

 

シミやソバカスは紫外線によって引き起こされるイメージが強いかもしれませんが、刺激に反応して生成されるものなので、ニキビからも引き起こされます。

 

次にクレーター肌についてですが、こちらはニキビによるダメージの蓄積の結果、あるいは無理にニキビをつぶすことによって肌そのものが大きく傷ついてしまうことが原因です。すると傷ついた肌は陥没してしまい、クレーター肌の完成…というわけです。これがあるから「ニキビは絶対に潰してはいけない」と言われています。

 

ニキビ跡やクレーター肌を改善するには?

ニキビ跡やクレーター肌を改善するためには「肌のターンオーバー」を高めてあげることが最も有効な手段になります。

 

肌というのは健康的な人なら28日周期で入れ替わっています。これがターンオーバーです。しかし、食生活を始めとした生活習慣の乱れ、慢性的なストレス、女性であれば生理などによってターンオーバーが乱れることがあります。結果的になかなか新しい肌が生まれず、いつまでも古い肌が残り続けるようになってしまいます。

 

薬用ピエリナは14の有効成分を配合することによって、肌本来が持っている再生能力を高め、ターンオーバーを正常化させるように導いてくれます。

 

積極的に新しい肌が再生されるようになれば、肌に蓄積してしまった色素沈着の原因であるメラニンは古い角質と共に落ちていきますし、クレーター肌もかなり長期的に取り組めば薄く、目立たなくなります。

 

また、単純に肌に潤いがチャージされれば、ふっくらとした状態になりますよね。それだけでもクレーター肌は目立ちにくくなります。

 

じっくり取り組むことが大切

薬用ピエリナを使った人たちの意見の中には「全然ニキビ跡が改善されなかった」というものも見受けられました。しかし、そういった人に限って「1週間くらいしか使っていない」という傾向にあります。

 

正直なところ、1週間かそこらでニキビ跡やクレーター肌を改善しようと思ったら美容外科、美容皮膚科に相談する以外ありません。

 

自宅でじっくりとニキビケアができるからこそ薬用ピエリナが人気を集めているんです。明確な期間については個人差があるので何とも言えませんが、まずは半年間じっくりと使い続けてみてはいかがでしょうか。きっとその頃にはニキビ跡やクレーター肌に違いが見えてくるのではないでしょうか。

 

 
まとめ

このように、肌のターンオーバーを正常化させること、しっかりと潤いを与えることの2点から薬用ピエリナはニキビ跡とクレーター肌に効果を発揮してくれます。

 

薬用ピエリナはニキビ予防に効果的なこと、美白効果も高いことを考えれば、普段から使える化粧水としても優秀です。

 

薬用ピエリナは販売終了しました。

ピエリナよりも利用者からの口コミ評判が良いのはリプロスキンです。

ニキビ跡を治すならリプロスキン!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

> リプロスキンの公式サイトを見てみる <


リプロスキンのご購入はこちらから

リプロスキン公式サイト画像


> リプロスキンの公式サイトを見てみる <

公式サイトはこちら